給食で日本一周🛩 | 社会福祉法人玉水学園 玉水保育園

今日の給食

給食で日本一周🛩

日本のご当地グルメを給食に取り入れ、

紹介していきます♪

長崎ちゃんぽん風

長崎県長崎市のご当地グルメ!

「ちゃんぽん」の語源として、

「ごちゃまぜにする」という意味が

あると言われています。

スープには、鶏ガラと牛乳をベースに作りました♪

他の地域のちゃんぽんは、また違った

味付けだったりもするので、どこの地域のちゃんぽんかな〜?と

気にしながら食べてみると楽しいかもしれません★ゼリーフライ

埼玉県行田市のご当地グルメ!

じゃがいも・おからをベースに小判型に整え、

油で揚げた食べ物。味付けはソースで、

衣の付いていないコロッケの様な物です♪

日露戦争の時、中国から伝わった

野菜まんじゅう」を真似して作ったのが

始まりで、ゼリーフライと言う名称は

小判(銭)に似ている事から「ゼニーフライ」が

なまって【ゼリーフライ】になったと

言われています。

保育園の給食では、じゃがいも・おからに、

たまねぎ・にんじんを加えて作りました♪

みそカツ愛知県名古屋市のご当地グルメ!

串カツを何気なくどて鍋のタレにつけてみた所、

美味しかったことから広がったとされています。

タレは、赤味噌にみりん・砂糖・だし汁などを

混ぜて作り、ドロっとしたタレや

ソースのように液体に近いタレなど様々です。

保育園の給食では、子ども達が

食べやすいように豚肉ではなく、

メカジキを使用し、液体に近い

サラサラとしたソースにしました♪

味噌煮込み風うどん(ほうとう)

山梨県のご当地グルメ!

ほうとうは、小麦粉を練った平打ち太麺と、

季節の野菜を一緒に味噌仕立てのツユで煮込んだものです♪

かぼちゃが入っているのが特徴で、栄養価が高く、

冬には身体を温めてくれます。

今回給食では、ほうとうではなく、うどんで作りました。

いきなり団子熊本県の郷土菓子!

さつま芋とあんこを小麦粉の生地で包み、蒸しました。

「いきなり団子」の名前の由来には、

「いきなり(突然)お客さんが来ても

すぐに作ってもてなせる」とか、

「輪切りにしただけの芋をいきなり(そのまま)

包んで蒸す」などの諸説あります。

さつま芋の甘みと餡の甘みのバランスが絶妙で

周りの皮がもちもちとしていて食べやすいおやつです♪

サーターアンダギー沖縄県の郷土菓子!

首里方言で、サーターは砂糖、

アンダーギーはアンダ+アギ+語尾を

伸ばすことで「油で揚げたもの」

という意味だそうです。

ドーナツとの違いとしては、

サーターアンダーギーの生地には水は加えません。

なので、穴が有る無しなどの形ではなく、

水を入れるか入れないかが大きな違いです☆